PELP!ブックカバーのふしぎなQRコード

サスティナブルな企業とブックカバー

いきなりですが、Repepaの「PELP!ブックカバー」は、サスティナブルな取り組みをする企業と密接な関係があります。

パッケージの裏にご注目ください。

ブックカバーQRコード
パッケージ裏面にQRコード

QRコードが印刷されています。

このQRコードを読み込むと・・・
「この再生紙を作った企業・団体」と紹介された様々な企業のホームページへとつながります!

実は、Repepaの「PELP!ブックカバー」は、これらの企業の廃棄されるコピー用紙を再生した紙でできています。

 

「PELP!ブックカバー」の「PELP!」ってそもそもナニ?

Repepaを運営している山陽製紙(株)には、PELP!というブランドがあります。

PELP!ブランドロゴ
PELP!ブランドロゴ

少し可愛いネーミングですが、これは、ペーパーヘルププロジェクト(paper help project)から生まれたネーミングです。

つまり、紙を助けるプロジェクト。

「紙は使い捨て」という常識を壊し、使用済みの紙は「捨てないで再生してまた使う」という趣旨に賛同した企業が会員になり、捨てるはずのコピー用紙を、自ら送料などのコスト(一袋2500円)を払って、わざわざ山陽製紙に送ってくれるのです。

PELP!バッグ

なんで? そのまま廃棄すればそんなコストはかからないで済むのに。

そんな声が聞こえてきそうです。

一昔、あるいは二昔前だと、こんな変なストーリーは成り立たなかったはずです。
それなのに、自ら、PELP!会員になりたいと申し出る企業や団体が年々増えている不思議。

PELP!の会員企業は、「地球上の資源は有限である」ということを意識しています。

本当は、地球に「資源」などどこにもなく、木も、草も、土も、海や川の水も、あるのは、地球上に生きる生き物にとって、生きていくために共有すべき「財産」だけなのだということも。

「資源」と呼んで、使い捨てを繰り返してきた結果、自らが気候変動や自然災害に苦しむようになってきたことも。

 

SDGsが身近になる

SDGsゴール12は、「つくる責任 つかう責任」です。(SDGsって時々耳にするけれど何だ?)

そんなことに少しだけ思いをめぐらせるきっかけをつくるQRコード。
普段はつながることのない企業と、つながってみて下さると嬉しいです。

SDGsゴール12

応援したくなるような取り組みを知ることができると、目の前のブックカバーを大切に使いたくなるのではないでしょうか。

▽PELP!ブックカバー
https://repepa.com/?mode=cate&cbid=2656761&csid=1

▽PELP!公式サイト
https://pelp.jp/

この記事を書いたひと

原田千秋
原田千秋山陽製紙株式会社 専務取締役
広島県呉市出身

広島大学教育学部卒業後、同じ大学のマンドリンクラブで同期だった原田六次郎氏(現:山陽製紙株式会社 代表取締役社長)と結婚。
中学校の教員を経て、1992年、経理等を担当するため山陽製紙の社員となる。
瀬戸内海の島育ちにも関わらず、水泳もできない運動音痴。
耳元に広がる波の音や、山が黄金色に染まるみかん畑などが心の原風景。
山陽製紙(株)の経営ビジョン「地球の財産を生かし、自然と共に生きる永続企業」もその様な原風景が背景にある。